刀匠天儀用語集

【目次】

あ行

越中双(えっちゅうそう)

佐伯則重郷義弘により編成された双のことです。
2人の出身地および活躍した地域にちなみます。

おや/おやまあ

大村加卜の口癖です。
少しだけ驚いたり意外に思ったときは「おや」、大きく驚いたとき(加卜が予想もしていなかった答えが返ってきたときや、比較的大きく感情を動かされたときなど)は「おやまあ」を使います。

お茶

刀匠たちと縁側で飲むことができます。
さまざまな種類があり、刀匠によって好きなお茶が異なります。

か行

結成(けっせい)

を組むことです。

昆布(こんぶ)

佐伯則重の好物です。
則重はいつも懐に何かしらの昆布または昆布菓子を入れています。
ちなみに富山県は昆布の消費量が日本一です。

さ行

初期双(しょきそう)

ゲーム開始時に選ぶことになる3組の双のことです。
・佐伯則重&郷義弘双
・長谷部国重&初代信国双
・長船長義&堀川国広双

初期装備刀(しょきそうびとう)

刀匠が最初から装備している刀です。

初代(しょだい)

流派を立てた最初の人、一代目という意味です。
信国は初代信国と名乗っていますが、この初代は「信国派の一代目」という意味で、名字ではありません。

  • 開発小話
    当初、源信国と表記する案もありましたが、初代信国の方が知名度が高いことなどから、最終的には後者になりました。

双(そう)

刀匠たちは2人1組で任務にあたります。
その組を双と呼びます。

た行

鍛刀

刀を打つ(作る)ことです。
刀匠たちはで協力して刀を打ちます。

な行

なもなも

佐伯則重が禍霊魂から軽傷ダメージを受けたときに言う富山弁です。
ここでは「まったくもう」的なニュアンスで使われています。
「なもなも」は文脈によって若干意味が異なります。
・「いえいえ、そうではありません」→「なもなも、そいがやないちゃ」
・「あら、まあまあ、どうしたのですか?」→「あれ、なもなも、どうしたがいね」
・「今日はついてないなぁ。まったくもう」→「今日はついとらんちゃ。なもなも」

は行

反魂丹(はんごんたん)

即時回復・鍛刀の即時完了・交換所でのアイテムとの引き換え時に使用します。
一般的には胃痛・腹痛薬として流通していますが、天津島の反魂丹には不思議な力が宿っているため、とても重宝されています。

藤原双(ふじわらそう)

加州兼若藤原清人により編成された双のことです。
2人の姓にちなみます。(兼若:藤原高平)

ま行

源双(みなもとそう)

初代信国源清麿により編成された双のことです。
2人の姓にちなみます。(信国:源信国)

や行

山城双(やましろそう)

長谷部国重初代信国により編成された双のことです。
2人が活躍した地域にちなみます。

山姥双(やまんばそう)

長船長義堀川国広により編成された双のことです。
かつて長義が鍛刀した刀(山姥切)と、その刀を本歌として国広が写した刀(山姥切国広)にちなみます。

やわやわ

佐伯則重の口癖です。
「ゆっくりする、のんびりする」という意味の方言で、越中(富山)や加賀(石川)などで使われています。

四谷双(よつやそう)

源清麿藤原清人により編成された双のことです。
清麿の鍛冶場があった場所の地名にちなみます。

ら行

数字

15人

登場する刀匠の人数です。

105双

結成可能な双の合計数です。
双を初めて編成(初結成)すると、その双の絆Lvが0から1になります。

備考

  • 各種設定や情報は、ゲーム内における設定です。史実・通説等とは異なる点がございます。
  • ゲームのストーリーに深く関係しない範囲において、予告なく修正・訂正・追加等する場合がございます。



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-22 (月) 20:31:52 (569d)